ニキビと女性ホルモンの関係について

ニキビと女性ホルモンの関係は、切っても切り離せないほど深いものと言えます。
女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の二種類があり、一定の周期でこれらの分泌量が変化することで、女性の体には様々な変化が起こってきます。

 

これらのホルモンは月経周期と密接に関わっており、女性のニキビは月経周期に合わせて出やすくなるとされています。
「生理前にニキビが出来るな・・・」と感じたことがある方も少なくないのではないでしょうか。

 

このプロゲステロンと言うホルモンは、排卵から月経までの約二週間の間に活発に分泌されるのですが、妊娠を助ける体づくりを行う働きがあるために、皮脂分泌を促す作用があるのです。
従って、月経前には多く分泌された皮脂で肌が脂っぽくなり、それに伴い、皮脂が毛穴に詰まりやすくなることで、ニキビが出来やすくなるのです。

 

逆に、排卵促進や生殖機能の維持を行うエストロゲンの分泌が盛んになる、月経後から排卵までの期間は、新陳代謝が活発になりますので、月経中に出来たニキビも自然と改善されていきます。

 

しかし、この女性ホルモンは非常にデリケートなものでもあります。
日々のストレスや、不規則な生活習慣によって、そのバランスはすぐに崩れてしまいます。

 

また、加齢によってエストロゲンの分泌量は低下していきますから、上手にバランスコントロールをしなければ、一過性のはずだったニキビが、慢性的な大人二キビに変化してしまう場合があります。

 

そのためにはまず、自分の生活習慣を見直すことが大切です。
十分な睡眠を取る事で肌の新陳代謝を促されますし、また、ホルモンのバランスを保つことが期待できます。

 

また、近年注目されている「イソフラボン」を食事から摂取することも効果的です。
イソフラボンは特に大豆に多く含まれている成分で、体内でエストロゲンと同じ働きをするとされており、積極的に日々の食事へ取り入れたいものです。

 

女性ホルモンと大人ニキビの関係についてはもっと詳しく!
大人ニキビと女性ホルモンの関係 - 当サイト内コンテンツ
ホルモンバランスの乱れがにきびや肌荒れの原因に!? - ニキビを治す方法|ニキビエンジェルのコンテンツ(外部サイト)


更新履歴