ニキビの悩みで多い大人ニキビと女性ホルモンの関係

ニキビというと、10代などの若い世代の悩みというイメージが強いですが、最近は大人になっても改善しない大人ニキビの悩みを持つ人が増えています。

 

大人のニキビの原因は実に様々あり、ターンオーバーの機能の衰え、ストレス、食生活や生活習慣の乱れ、睡眠不足、便秘などが考えられます。それゆえに改善していくためには、原因と考えられるものはできるだけ取り除くようにしたいものです。

 

そして女性の場合は、女性ホルモンの乱れも原因していると言われています。

 

普段はきれいな肌をしている人でも生理の前後などにニキビができてしまうことがありますが、これも女性ホルモンのバランスが崩れるからだとされています。

 

生理前には黄体ホルモンの活動が活発になりますが、黄体ホルモンは男性ホルモンの性質と似ていますので、皮脂の分泌が盛んになりニキビができやすいとされています。

 

それゆえに大人のニキビを改善するためにはホルモンバランスを整えることが大切です。

 

睡眠不足やストレスなどはホルモンバランスを崩しやすいですから、なるべくストレスをためないようリラックスすることも大事ですし、睡眠不足にならないよう、生活のリズムも整えていきましょう。

 

そして豆乳や納豆などの大豆製品も女性ホルモンに似た働きのあるイソフラボンが豊富に含まれていますので、こうした食品も積極的に摂っていきたいですし、ハーブティーなどにもホルモンバランスを整えてくれるタイプのものもありますので取り入れてみるのもおすすめです。

 

さらに漢方やツボ押しなども良い改善が期待できます。