生理前にひどくなるニキビは女性ホルモン不足が原因

ニキビっていつできてもため息が出てしまいますが、特に生理前にひどくなるという女性は多いのではないでしょうか。
このタイプの方で、生理前以外にもいつもニキビができているという方は、女性ホルモンのエストロゲン不足が原因である可能性が高いです。

 

どうして女性ホルモンが不足するとニキビができてしまうのでしょうか?
女性ホルモンのエストロゲンというのは女性らしい身体を作る働きを担っています。肌に関しては、きめの細かい女性らしい美肌を作る作用があるのです。ですから、エストロゲンが不足すると肌のターンオーバーやバリア機能など、色々な機能が乱れてしまうんです。

 

また、エストロゲンが不足すると男性ホルモンであるテストステロンの作用が増えてきます。
テストステロンが増えると皮脂の分泌量が増え、これがにきび菌の餌となってにきびがひどくなるのです。

 

生理前は誰でもエストロゲンが減少し、テストステロンの作用が強くなるものなのですが、もともとエストロゲンが少なく、テストステロンが多い方はその影響を余計に強く受けてしまいます。ですから、日常的に女性ホルモンを補っておくと、にきびができにくくなるでしょう。

 

婦人科や美容クリニックでホルモン治療を受けることはできますが、自分で植物性エストロゲンを摂取するというのも有効です。
その植物性エストロゲンというのはイソフラボンなのですが、大豆製品などに多く含まれている物質です。
サプリメントで摂取しても効果を発揮しますので、試してみてはいかがでしょうか。