女性ホルモンが原因のニキビは十分な睡眠で改善できる

女性ホルモンのバランスとニキビにはとって大きな関わりがあり、体内のホルモンバランスが大変な影響を与えていると言えます。
ニキビと大きく関係があるのは黄体ホルモンです、アンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンと酷似しており皮脂の分泌を促すことで知られています。

 

皮脂の分泌が通常より多くなってしまうことでニキビが出来てしまうのですが、体を回復させる質のいい睡眠をとると体内のホルモンの分泌や自律神経が安定するため結果としてニキビケアが行えると言えます。

 

つまり女性ホルモンが原因のニキビは十分な睡眠で改善できるということなのですが、この際に気をつけたいのが睡眠時間をなるべく夜に集中させ朝目覚めるように整えるということです。

 

朝寝起きと同時に日の光を浴びれば体のリズムが正常に働くようになりホルモンバランスが整いやすくなります、断片的な昼寝などを繰り返すより規則正しい生活リズムを心掛けるということが大切になるということを覚えておいてください。

 

また女性ホルモンのバランスが崩れる要因の一つとしてストレスが挙げられます、仕事や学業で過度のストレスが溜まっていると自覚しているようなら休息を取る必要があるという点も記憶しておくといいでしょう。

 

気分転換をかねた適度な運動でリフレッシュを図るというのも効果的であると言えます、体を動かすと結構改善が期待できホルモン分泌がスムーズに行われるためよく寝てよく動くという手段を取ることをお勧めします。

 

■睡眠の前のメイク落としをしっかりやりすぎてないですか?
メイクは肌に少々残っていてもシミになったりくすみの原因になってりというのはウソです。粒子が粗いため肌に浸透することがないからです。
それよりも、しっかりメイクを落とそうと、必要以上に力をいれてゴシゴシすると、その刺激が色素沈着してシミやくすみになってしまうのです。
特に目元はまわりの皮膚よりも薄く出来ているので注意が必要です。